新人が語る心に残る看護場面

2018.12.04 エンゼルケア

 ある夜勤の時です。直接の受け持ちではありませんでしたが、患者さんがお亡くなりになりました。エンゼルケアのお手伝いを依頼されましたが、エンゼルケアに入るのは初めてで、教えてもらいながら行いました。お化粧は私に任せると言われ、戸惑いながらも行いました。
出棺後、霊安室から戻ってきた受け持ちの看護師が「ご家族の方が患者さんのお顔を見て、“すごくいい顔してるね。顔色いいね”って言ってたよ。」と教えてくれました。嬉しいとともに、患者さんの最期の時間をより良くするために少しでも役に立てたかなと思いました。

バックナンバー

2021.09.03 私が「看護師の○○さん」になった日

2021.09.03 思いやり

2021.09.03 散歩

2021.09.03 採血

2021.09.03 傾聴

2021.07.07 気持ちに寄り添うということ

2021.07.07 観察

2021.07.07 傾聴

2021.07.07 寄り添う看護の大切さ

2021.07.07 看護というもの