新人が語る心に残る看護場面

2020.05.22 寄り添うことの大切さ

Aさんは初めての入院・手術でいろいろ不安がある方でした。私はプライマリーであったため、入院の流れや疼痛時には数種類の痛み止めが使えるなど細かく説明しました。手術当日、朝に訪室し「昨日は眠れましたか?」と尋ねると、「あまり眠れなかったです。」と緊張している様子がうかがえました。手術室に入室時も「緊張しています。ドキドキしますね。」と少し涙ぐみながらおっしゃいました。私は背中をさすりながら「緊張しますよね。ゆっくり深呼吸してください。」と伝えながら、手術室まで歩きました。私は申し送り後に「手術頑張って下さい。病棟で待っています。」と伝え、Aさんは「ありがとう。頑張るね。」と返事をしてくださいました。手術は無事に終わり、術後の経過も問題はなく退院を迎えることになりました。退院前日、私は受け持ちではありませんでしたが、Aさんと廊下ですれ違ったときに「明日は退院ですね。おめでとうございます。」と声をかけると、「ありがとう。手術の時に、ああ言ってくれて最後のギリギリまでいてくれたから、頑張れたんです。本当にありがとう。」と涙ぐんで、私を抱きしめながらおっしゃってくださいました。
私は看護師として、まだ半人前にもなっていません。しかし患者さんが考えていることや思っていることに寄り添うことはできる、と学びました。そしてこの経験は看護師として働くうえでの軸になりました。

バックナンバー

2021.04.02 挨拶

2021.04.02 ペースに合わせて

2021.04.02 シャワー

2021.04.02 ご家族の言葉

2021.04.02 コミュニケーション

2021.01.26 オムツ

2021.01.26 おまえに洗ってほしかった

2021.01.26 ありがとう

2021.01.26 あなたがよかった

2021.01.26 1人の受け持ち看護師