新人が語る心に残る看護場面

2021.04.02 ご家族の言葉

独り立ちして間もない頃、私は病棟で急変しICUに入室されたAさんの受け持ちをしていたときの話です。

鎮静剤が投与されていたAさんは、声をかけても反応が乏しいことが多く、連日日勤で受け持ちをしていた私は「意識はないけれど、気分転換にでもなってくれるといいな」と思い、Aさんに洗髪や足浴などの保清を行っていました。

ある日、足浴の後片付けをしていると、Aさんの奥さんが面会にいらっしゃいました。私が急いで片づけを進めていると、奥さんが「こんなにやっていただいてありがとうございます。主人は眠っているけど、こんなに声をかけていただいて、足湯もやってくださって。喜んでいると思います。私もこんな姿の主人を見るのが辛いとばかり思っていたけど、私にできることはやらないとな、と思えるようになりました。本当にありがとうございます。」と声をかけてくださいました。

ICUでは意識のない患者さんが多く、患者さんからの反応があまりありません。自分の行動に自信を持つことができない日々でしたが、Aさんのご家族からの言葉で、少しの自信を持ってケアをすることができるようになりました。

バックナンバー

2021.09.03 私が「看護師の○○さん」になった日

2021.09.03 思いやり

2021.09.03 散歩

2021.09.03 採血

2021.09.03 傾聴

2021.07.07 気持ちに寄り添うということ

2021.07.07 観察

2021.07.07 傾聴

2021.07.07 寄り添う看護の大切さ

2021.07.07 看護というもの