新人が語る心に残る看護場面

2021.04.02 シャワー

心筋梗塞で入院されたBさんの心臓リハビリテーション ステージ6でシャワー介助を実施したときの話です。

Bさんは入院してからシャワーはおろか、洗髪も実施できていなかった状況でした。Bさんへ、心臓リハビリテーションにかけるため「一緒に入りましょう。」と声をかけると、とても明るい表情で「え、シャワーに入れるんですか?とてもうれしいです。」と話されました。シャワー浴をしている最中も、「ああ気持ちい。うれしい。本当にありがとう。」とずっと話してくださいました。シャワー浴を終えた後も、その日はずっと「ありがとう」を繰り返し伝えてくださいました。私はこの時、「喜んでくれてよかった」と思いました。しかし健康な方であれば、シャワーに入ることは生活の一部であり、当たり前にしていることだと気づきました。治療や病状などにより、シャワー浴などが制限される方は多いです。少しでも入院生活が患者さんにとってより良いものになるよう、働きかけていきたいと思った出来事でした。

バックナンバー

2023.03.08 患者さんの要望を知るために

2023.03.08 患者さんの行動には理由がある

2023.03.08 初めて患者さんの笑顔を見た日

2023.03.08 患者さんに合わせたケアをめざして

2022.09.30 私の心を救ってくれたくれた言葉

2022.09.30 私の目指す看護

2022.09.30 最期の別れ

2022.09.30 私の役割

2022.09.30 向き合うこと

2022.09.13 患者さんの変化