新人が語る心に残る看護場面

2021.09.03 採血

入職して半年ほど経ったときのことです。受け持っていたAさんに採血の指示があり、Aさんに採血のことを伝えると「私は血管が細いからとれるかしらね。」とおっしゃいました。私は採血がまだうまくできず、夜勤でも失敗してばかりでした。Aさんのその言葉を聞いて、うまく1回でできる自信がありませんでした。ですが、「やらなければいつまでたってもできない。」という思いもあったので、Aさんには「痛い思いをさせてしまうかもしれませんが、採血させてください。」とお伝えして、採血を実施しました。なんとか頑張りましたが、2回行っても採血できませんでした。Aさんに謝罪して、先輩看護師に行っていただきました。その後、Aさんに声をかけると「2回失敗してしまったけど、あなたは落ち着いてして下さっていたし、必ず痛みも聞いてくれたし、点滴をつなげた後も来るたびに痛みがないか聞いてくれたから、私はあなたのことをすごく良い看護師さんだと思ったのよ。」と笑顔でおっしゃってくださいました。私はその言葉を聞いて、患者さんに対して迷惑ばかりかけている自分が本当に嫌でしたが、「すごく良い看護師さん」とAさんに言われて、自分は自分なりに看護師として声をかけただけでも患者さんにできていることがあったのだと気づくことができました。

自分のことでいっぱいで、患者さんに対して十分なケアができているとは言えませんが、せめて声かけや患者さんからのサインを見逃さないなど、できることを一つずつ増やしていきたいと改めて思いました。

バックナンバー

2021.09.03 私が「看護師の○○さん」になった日

2021.09.03 思いやり

2021.09.03 散歩

2021.09.03 採血

2021.09.03 傾聴

2021.07.07 気持ちに寄り添うということ

2021.07.07 観察

2021.07.07 傾聴

2021.07.07 寄り添う看護の大切さ

2021.07.07 看護というもの