新人が語る心に残る看護場面

2022.06.01 コミュニケーション

まだ入職して2か月も経っていない3回目の夜勤の時、心不全のため入院していたAさんとお話する機会がありました。私はその日、Aさんの受け持ちではありませんでした。しかしAさんを受け持っていた先輩が休憩に入っている間に、Aさんからナースコールがあり伺うと、「氷を持ってきてほしい」と話しました。Aさんは治療のため水分制限があり、氷を食べることでのどの渇きを潤していたのです。私はすぐに氷を用意し、Aさんのところへ持っていきました。すると突然、「死にたいです。殺してもらえないですか。」と真っすぐ私の目を見て、落ち着いた口調でおっしゃいました。それまでAさんからはそのような言動が全くなかったので、私自身とてもショックを受けました。私は恐る恐る「どうしてそう思うのですか」と尋ねてみました。するとAさんは「こんなに看護師さんにお世話してもらって申し訳ないし情けない。看護師さんや先生みんなに迷惑をかけてしまっている。」とおっしゃいました。私は迷惑だとは思っていないことを伝えましたが、他にどのような声かけをしたらよいかわからず、その後もただAさんの話を聞くことしかできませんでした。

バックナンバー

2022.06.01 シャワー浴

2022.06.01 ご家族の存在

2022.06.01 コミュニケーション

2022.06.01 ケアの意味

2022.06.01 1時間

2021.12.21 優しさに助けられて

2021.12.21 目線

2021.12.21 大丈夫

2021.12.21 話を聴くということ

2021.11.04 毎日勉強