新人が語る心に残る看護場面

2023.07.05 患者さんからの手紙

入職して2~3か月ごろに担当したAさんについてです。

Aさんは重症肺炎で挿管管理中でしたが、意識レベルがあり筆談でのコミュニケーションが可能な方でした。元々ADLが自立していたということもあり、家に帰りたい、はやく管を抜いてほしい、抑制帯をつけないでほしい、と希望も多く長引く入院生活にとてもストレスが溜まっている状況でした。

私が担当した日も同様の訴えが聞かれたため、少しでも気分転換ができるように洗髪を提案しました。するとぜひお願いしたいということでしたので、先輩と一緒に実施しました。

会話の中から地元が私と同じだったことを知り、地元の話をしながらケアを進めていきました。ケアが終わると、新しい紙とペンの希望があり、お渡しすると何やら長文を書いていたので、日記かな?と思いそばを離れて見守っていました。書き終えた頃、抑制帯を付けさえて頂くためためにベッドを訪れると、その紙を渡されて目を通すと私への手紙でした。

手紙には、ケアの感想や地元の話が出来て楽しかったということ、今後の私の活躍に期待していますという内容が書かれており、新人でも患者さんに感謝していただけることがあるんだな、と嬉しくなりました。

救命病棟では意識のある患者さんと関わる機会が少ないので、貴重な体験だと先輩にも言われ、この出来事を大切にしていきたいと思いました。

バックナンバー

2024.06.11 産婦さんとの関わり

2024.01.11 足湯

2024.01.11 プリセプターからの教え

2023.12.01 術前訪問

2023.12.01 コロナ禍での看護

2023.10.30 患者さんから教えてもらったこと

2023.10.30 患者さんの望みを尊重した関わり

2023.08.17 苦痛を軽減するために

2023.08.17 生きがいの大切さ

2023.08.17 ユマニチュード